気になる「PM2.5」

今、中国から飛来する有害な大気汚染物質への警戒感が全国各地で広がっています。

13年1月以降すでに西日本各地で環境基準値を大幅に超えた日が観測され、新聞各紙は注意を喚起し、また各地方自治体でもこの大気汚染物質への監視体制強化に乗り出してきました。

  今年に入って福岡市内で1月に3日間、四国の一部でも4日間、中国地方、近畿地方の一部でも同様の基準値超えの日が観測され、その最大レベルは枚方市(大阪)の63マイクログラムでした。

(注:日本の環境基準値は一日平均大気1立方メートルあたり35マイクログラム)

 

 

  この大気汚染物質の中で特に問題視されるのは「PM2.5」と呼ばれる微小粒子物質です。 これは大きさが直径2.5マイクロメートル(μm:1mの100万分の1:0.0025mm)以下の物質の総称で 日本人の髪の毛の平均的太さが0.08mm(80マイクロメートル)、 花粉症をひきおこすスギやヒノキの花粉が直径約0.03mm (30マイクロメートル)と言われてますから・・・これらと比べてもいかに小さいかがわかります。

 ちなみにインフルエンザウイルスは約100nm(ナノメーター:直径0.00001mm)

 

【人体への影響】

 

 「PM2.5」を吸い込むと身体の排出機能をすり抜け、血液中にまで浸透、ぜんそくや肺がん、不整脈、心筋梗塞など呼吸器、循環器疾患のリスクが高まると言われています。

 報道によると、13年1月の測定で日本の基準値の25倍以上の900マイクロブラムを記録した北京では、この10年で肺がん患者が60%増加したそうです。

(4月2日中国精華大学の「大気汚染と健康に関するシンポジウム」で2010年、PM2.5による死亡者は123万4千人にのぼっていたと発表しました。その内訳は脳血管疾患によるもの、約60万人、慢性閉塞性肺疾患が約20万人、虚血性心疾患(心筋梗塞など)約28万人と報告されています)

 

 1月31日、加藤勝信官房副長官は記者会見で「現時点でただちに影響があるレベルではない」と発表しましたが、この発言には注意しなければならない前提があります。

それは「平均的な健康状態にある成人であれば」・・・

「ただちに影響があるレベルではない」という意味です。

 

では、「平均的な健康状態にない人」とはどういう人でしょうか。それは体力や免疫の働きが低下している「高齢者」、ぜんそく、COPD、心臓病、糖尿病などの慢性的な病気を持っている人」、ステロイド薬、免疫抑制薬など 持病の薬を服用している人」などです。

 これらに該当する人々は「現在、影響が出るレベル」と捉え、普段以上にその予防に気を使わなければなりません。

 

【予防法:マスク】

 

 通常、花粉症対策として使われるサージカルマスク・・・その基準は粒子の大きさを4.0~5.0マイクロメートルに想定して作られてるのですが、これでは役に立たちません。

 この「PM2.5」はこの程度のマスクは難なくくぐり抜けてきます。

 

 医療関係者は「「PM2.5」予防対策のマスクとしては医療用のマスク、工事現場で使う防塵マスク、農薬散布時に用いるマスクなどが効果がある。手に入らない場合、影響を懸念する人は外出を控えたほうが良い。」と訴えています。

 

確かに、防塵マスク、農業用マスクなどは最も効果的と思われますが、医療用のきめ細かいマスクがより実用的かもしれません。

ただ、マスク着用時、口や鼻の周囲から「PM2.5」が入り込まないように隙間を作らないことが大切です 

 

【予防法:うがい】

 

 「うがい」とは水、薬液を口にすすいで口腔に残っている食べ物のカスや埃、細菌などを除去する行為です。鼻から水を吸い込んで鼻腔内を洗浄する行為は「鼻うがい」と呼ばれています。

 日本では「うがい」の歴史は古く、平安時代から行われてきたと言われていますが、欧米ではこの行為は「下品」とみなされ日本ほど一般化してないそうです。

 

 日本では一般化しているこの「うがい」、風邪予防対策としてのその効果に関しては「インフルエンザウイルスは鼻や喉の粘膜に付着すると20分くらいで体内に取り込まれるので効果がない」とか、いや、「「うがい」した場合、しない場合よりも40%も風邪の発症率の低下が見られるデータがある」とか意見が分かれていますが・・・

 私が今ここで言う「うがい」は風邪ウイルスに対するものではなく鼻腔や口腔の粘膜に付着した「PM2.5という物質の洗浄除去方法についてです。「平均的な健康状態にない人」が「PM2.5」などを含む汚染物質に数日間、あるいはそれ以上さらされる状態を考えたとき、鼻腔や口腔内の洗浄は不可欠です。

 

【「うがい」を「ミドリ18」で】

 

 「ミドリ18」を愛用されている方々は高齢者や、持病を抱えた方々が多いのですが、私はこの季節、(花粉症の季節にも)

外出予定があるときは「ミドリ18」のペットボトルを携帯するように、そしてこまめに「うがい」をするように奨めています。

「うがい」することでウイルスや花粉等の付着した粘膜が直接「ミドリ18」に浸され、それによってそれらが洗浄除去されやすくなり、さらに、弱まった細胞の活性化を促し、症状の悪化を早期に最小限に抑えると思うからです。

 

 「PM2.5」の場合も同様です。

「PM2.5」はウイルスではありません、物質です。

粘膜を傷つけ、ぜんそく、気管支疾患を引き起こすおそれが強い有害な物質です。しかもこの時期、インフルエンザも流行り始めますので、平均的な健康状態にない人」にとって「PM2.5」はこの上もなく危険で厄介な物質です。 

 

 今のところ、「PM2.5」の予防方法として考えられるのは「マスクの着用」そして「うがい」、状況によって「外出を控える」かですが、私は高齢者、あるいは慢性的疾患を抱えた方々の免疫力の衰え、低下した抵抗力等を考えると「うがい」が最も効果的な予防法ではないかと考えています。

どんなにマスクで防備したつもりでも、汚染物質の吸引は防ぎようがありません。防ぎようはありませんが洗浄除去は可能です。

 

 私は「ミドリ18」の愛飲者です。「うがい」もこれでしていますが、この4~5年、風邪にかかったことはありません。

時々、交通量の多い場所を通る時など、喉に痛みを覚えたり、季節の変わり目に喉の調子がおかしくなる時がありますが、「ミドリ18」で「うがい」をするとすっと収まります。

また、「ミドリ18」の愛用者の方からも同じような報告を頂いております。

 

平均的な健康状態にない人」を前提に今、問題になっている「PM2.5」について書きましたが「ミドリ18」は「ヨード系うがい薬」のような副作用は全くありません。安心して「平均的な健康状態にある人」にも試していだだけたらなと思っています。

 

 

 この飛来する大気汚染物質の根本的な解決は中国の環境基準の改善を待つしかありません。当初、中国当局は米国からこの問題に関して指摘されたとき「内政干渉」と反発しましたがつい最近、「基準を見直し」「数年内に実施する」と態度を変化させてきました。報道は公表されていませんがかなりの影響が中国国内でも生じて無視できなくなったと思われます。

 私たち日本人のみならず中国の人たちにとっても健康に暮らすということは大事なことです。中国当局には誰もが健康で安心して暮らせる環境基準を早急に作ってもらい、実施して欲しいと思います。

 

 

 

 

(「うがい」の語源:岐阜県長良川の「鵜飼」に由来する。

鵜に魚を水中で飲み込ませ、引き上げて吐かせることから口をすすぐ行為を「うがい」というようになった。)