俳句

月も出よともに眺めむ山桜

 

引き潮や汀に朽ちし花筏

 

月なき夜藪よりこぼる蛍の火

 

木漏れ日をぬうて糸張る小蜘蛛かな

 

眩しきはほころび初めし柳の芽

 

春月夜手取り歩むや老夫婦

 

桜花散らさず蜜吸ふめじろかな

 

弓月の無弦の音や松の風

 

涼しげな薊や蝶の羽扇

 

露玉を秘めて朝顔咲きにけり

 

散りてのち月影宿す桜かな

 

雪纏い紅さす梅の蕾かな

 

終電車岬は波濤冬銀河

 

初茜映す湖水に眠る鳥

 

野分過ぐ荒野に残る三日の月

 

乱れ咲く藪朝顔や牛舎跡

 

流木や残照眩し夏の果て

 

投げ釣りの童らつゝむ夕焼けかな

 

潮騒の岬に淡し朝の虹

 

雨ふれば胡蝶飛び出す四葩かな

 

ざざ降りや負けぬ蛙の大合唱

 

 雨やみて蛍漂ふ月の川

 

 風揺らす月の光や雪の下

 

 陸奥や春を奪いし原炉の火

 

 冴返る月夜や青き竹の影

 

 初雪や狗子の背にも二、三片

    (狗子:くし・・・犬のこと)

 

 木犀や姉と見上げし幼き日

 

残照の渓へなだるゝ紅葉かな

 

 見せばやな千草が丘の薄月夜

 

 野分めく明け野に虫の声しきり

 

 鈴虫や闇に糸引く金の糸

 

逝く夏や薄暮に軋む湖の舟

 

 戸を開けば浅葱空澄む今朝の秋

 

 空蝉や月にかざせし爪の影

 

 尉独り梅雨夜のコインランドリー

  尉(じょう ):男性の老人 

 

 濡縁の仄と白らみて梅雨の月

 

 田の上を胡蝶さまよふ出水かな

 

 点滅滅星夜の藪の初蛍

  

 

                       松山